コンテンツへスキップ

被相続人の介護をしていたのに取り分が少ない

Q、被相続人の生前に長年、私が介護をしてきました。しかし、相続協議では私も他の相続人と全く同じ分割をしなければならないのでしょうか?

被相続人が亡くなるまでの間、同居している私が20年以上にわたりずっと介護してきました。
母が亡くなってから、今回被相続人となった父はしばらくして介護が必要な状況となり他の兄弟は介護するのが難しかったために私が同居して介護していたのですが、遺産相続問題について話し合いをしている中で他の相続人と私の分与分が同じということに納得がいきません。
被相続人となった父は特に遺言書などを残していないので法律上は私が多くの財産を受け取るというのは難しいのでしょうか?

長年にわたり、自分自身の生活を省みず介護をしてきたので、せめて財産分与する際には他の相続人よりも多くの財産を受け取りたいと思っているのですが、これは私の単なるわがままとなってしまい、やはり他の相続人と同様に平等な分割をしなければならないのでしょうか?
どうしてもその部分について納得できず私が少しでも多くの財産を受け取ろうとすると大反対をする他の相続人と口論になってしまいます。
何とか円満に解決をしたいと思いながらも、やはり他の相続人と平等にというのは納得できない部分なので、どうしたら良いのかと悩んでいます。
介護するにあたり必要だった費用等も全て私が出費してきていますので、そういった部分も考慮した上で分割協議を進めていきたいと思っています。

A、税理士さんに相談しながら介護費用なども考慮して分割協議を行うと良いでしょう。

上記のような問題というのは、遺産相続問題が起きた際に頻繁に耳にする内容とも言えます。
やはり介護していた立場の方というのは、その分大変な思いをしておられますし、介護には多くの費用が必要となるため、そういった部分で自分だけが苦労していたということで遺産相続をする際には、自分の取り分を少しでも多くしたいと言った思いが出てくるのは当然です。

ただし、あくまでも法律上は他の相続人と平等に分割しなければなりませんから、そのままの状態ではいつまでたっても平行線となってしまいます。
そこで相続人同士の中で喧嘩をしながら話し合いを進めるよりも中立な立場でこれまでの遺産相続問題などをたくさん扱ってきている税理士さんに相談すると良いでしょう。
法律上では平等に分与するものと決められていても、実際の内容などを十分考慮した上で最終的には長年介護をしていた相続人が他の相続人よりも多くの財産を受け取るといったケースがたくさんあります。
生前、どれだけの介護費用が必要になったのかなという部分もできるだけはっきりと提示することができるように、領収書などがあればこうしたものも準備しておくと良いです。

その上で他の相続人も踏まえて、分割についてしっかりと話し合っていきますが、やはり税理士さんが来てくれると、これまでのケースなどを前例に取りながら話をしてくれるので、他の相続にも納得させやすいといったメリットもあります。
単純に相続人同士の話し合いをしていても解決せずに喧嘩が長引いてしまうことになりますので、できるだけ早く税理士さんに相談した方が良いと言えます。
税理士さんを探す際には、遺産問題についてこれまで多くの実績を持っている方を選ぶようにしましょう。

多くの実績がなければ、これまでどのようなケースがあったのかという部分で参考にできず満足のいくような遺産協議に終わらないこともありますので、やはり百戦錬磨の税理士さんを見つけるのが良いです。"